お手伝い~松戸の親子猫4匹②

捕獲予定4匹のうち、子猫のペコちゃんとミミちゃんが終了。 残るは母猫と、もう1匹の子猫クルちゃんです。                   クルちゃんはクラシックタビー(渦巻き)のムギワラ?トラミケ?キジトラ? 右の画像、ミミちゃんの後ろで警戒しているクルちゃん。          だいぶ以前に撮影したマミ。 この子が成長して、ペコ、ミミ、クルを産みました。 子猫達に比べると登場頻度が少ないマミ。...

お手伝い~松戸の親子猫4匹①

1月末、松戸にお住まいの江川さんという自営業の女性から ねこ藩に問い合わせがありました。 「店舗裏に野良猫の親子が来ています。母猫と子猫3匹です。 子猫達は三毛、サビ、それっぽい子…どの子もメスのようです。 妊娠可能な大きさですので何とかしてやりたいと思っています。」 江川さんはご飯をやりながら、4匹が少しでも警戒心をといて 近寄ってきてくれるのを待っていました。 子猫2匹は店舗裏のドアに近い室内で食べているとのこと。     ◆2月2日 火曜日◆ 夜、市川の自宅から松戸の江川さん店舗に捕獲器を1台お届けし、...

一歩踏み出す勇気

最近、自宅の庭にメスらしき野良猫がいつもいて、 半分居着いたような感じになっている。   特別な情景ではありませんから、この時点でスルーする人間がほとんどでしょう。 その野良猫がある日姿を消し、しばらくしてから 数匹のちびちび子猫達を連れて戻ってきた。 そこで初めて「この状況…困ったことになった。」と思い始めます。 放っておけば、半年後にはまた同じことが起こり、 それはずっと続く可能性があります。 そうして、猫がどんどん増えていきます。 だからどうしろと? 繁殖制限をしないと野良猫は加速度的に増加していきますが、...

うめこさんのあれから。

2015年10月15日のブログで紹介した、片足切断のうめこさんを覚えていますか? ねこ藩が初めて参加した10月18日のイベントで、 野良猫を卒業したうめこさんは社会再デビューしました。                   全く人慣れしていない、三本足と言うハンデを背負ったうめこさんを、 保護した方から丸投げに近い形で引き受けることになったpoodlepootaさんが、 昨年の夏以来、辛抱強く見守って里親探しを行ってきました。...

底なし沼の住人

年末年始にTNRを行った重田邸は、終わりの見えない、 はまったら抜け出せなくなる底なし沼のような場所です。 住人の重田さんは80代後半のおばあさんで、 もう何十年とその場所に住み、何十年もの間、野良猫に餌をやり続けています。   ◆重田さんの飼い猫と首輪の件◆ 「首輪なんかつけないよ、昔うちで飼ってた猫が首輪で自殺したから。」 (重田さんの表現そのまま) 飼い猫は、夜、重田さんと一緒に家の中で寝る出入り自由の茶白の猫1匹だけです。 庭に他の茶白の猫が来ると、重田さんは区別が出来なくなります。...