知らない街に越してきた小さな転校生。
見なれない景色、馴染みのない空気。
不安でいっぱい。
それでも、新しい環境、新しい生活に早く慣れようと、
見よう見まねで他の子達に合わせて行動し、
受け入れてもらおうと頑張っている。

こむぎちゃんを見ていると、そんな転校生の姿が浮かんできました。

 

 

我が家にこむぎちゃんはもういません。
こむぎちゃんはがんばったのです。

 

 

161205 (4)

 

 

 

 

 

 

 

9月27日のブログ 「こむぎちゃん①:再会」
10月19日のブログ 「こむぎちゃん②:悩むところです」
12月10日のブログ 「こむぎちゃん③:外出できるのか?」

 

 

=======================================

 

 

2016年12月11日、ふくねこやNEKO部さんの里親会にこむぎちゃんは参加予定でした。
当日昼、ひょいと持ちあげ抱っこしてキャリーに入れようとした時、
こむぎちゃんはものすごい力で反抗し、キャリーを蹴り飛ばしました。

おおおおおおお……

今思えば、まず洗濯ネットに入れるべきでしたが、
普段どんなに触ってもいやがらないおとなしい子でしたから、
まあ大丈夫だろうと思っていたんです。失敗した…。
せめてこむぎちゃんの写真だけでも参加させてもらおうと、
空のキャリー持参で、私はひとり会場に向かいました。
怖かったんだろうな。信頼関係壊れたかもしれないな。
そんな風に思いながら、里親会から帰宅すると、
こむぎちゃんは何事もなかったように落ち着いていました。

 

FEB-01

 

 

 

 

 

 

 

2015年春、初めて会った時のこむぎちゃんは
まだ生後6カ月くらいの小さな体をした子でしたが、
やっと再会できた時には、2才の大人になっていました。

161006-03

 

 

 

 

 

 

 

 

保護して室内に入れましたが、威嚇も空気砲もありません。
触っても怒りませんし、ゴロゴロとのどを鳴らします。
人に甘えて膝に乗ってくるような子ではありませんし、
常に私や家人とは一定の距離を保っていましたが、
自分の現状を受け入れているようでした。

FEB-05

 

 

 

 

リラックスして寝ています。

 

 

 

 

 

保護からしばらくケージ暮らしをしていた頃、
部屋で自由に遊ぶくりことこまつの姿を
こむぎちゃんはずっと目で追っていました。

「いいなあ、私も遊びたいなあ。」
そう思っていたかどうかはわかりませんが、
少なくとも2匹に対して警戒している様子は見られませんでした。

 

FEB-02

 

 

 

 

 

保護から約2週間、ケージの生活。
こむぎちゃんはよくケージ上段のベッドに座り、
他の2匹を観察していました。

 

 

 

ケージ生活から室内どこでもフリーの生活になると、
こむぎちゃんは他の2匹のすぐ近くにいるようになりました。

そろそろご飯の時間だと学習しているくりことこまつが、
体を起こし伸びをして歩きだすと、遅れをとらないよう
こむぎちゃんも2匹のあとについて歩きます。
こまつがおもちゃを咥えて移動すると、一緒にやって来ます。
台所で作業中の私の脚元を、2匹が行ったり来たりし始めると、
こむぎちゃんもいつの間にかちゃっかり混ざっています。

くりこやこまつが壁の角に体を強くこすりつけていると、
自分はもっと高い場所ににおいをつけようと、
二本足で立ち上がってマーキングしていました。
鳥の羽根ハンティングの時は、2匹が疲れて休憩していても、
こむぎちゃんは疲れ知らずで走り回っていました。

FEB-03

 

 


勝手口の網戸から日課の故郷チェックをする

くりことこまつ((彼女達の故郷は勝手口の外=庭)。
こむぎちゃんも一緒にやって来ます。

 

 

 

 

FEB-04

 

 

何でも残さずにきれいに食べました。
更に、2匹の残した分までもきれいに食べました。
そして徐々にふっくらとしていきました。

 

 

 

3匹の間には微妙な距離はありましたが、
昼寝の時は直径1メートルの円内に収まるように
3匹一か所に集まって寝ていました。

FEB-06
我が家の日常の光景…。

 

 

 

 

 

 

 

 

FEB-07

 

 

 

くりこと、ぽかぽか。

 

 

 

 

 

 

我が家の最初の飼い猫となったのはくりこです。
その2ヵ月後にこまつが加わりました。
時期に大きな差はありませんが、それでもくりこが先輩です。
テーブルにご飯を置く時。同時に寄って来た2匹を撫でる時。
スプーンにつけたちゅーるを舐めさせる時。
必ず、くりこが先で、こまつは次です。
私はこのやり方は変えてはいけないと思っていましたので、
こむぎちゃんも、自然とこの順番の最後に加わりました。
FEB-08

 

立ち位置でわかる関係。
真ん中がくりこ。
くりこの後ろにこまつ。
ドアを隔ててこむぎちゃん。

 

 

 

 

大人の猫だし、そんなにすぐに里親様は見つからないだろうな。
もしどうしても希望者が現れなければ、うちの子に…。

いやいや、待って。

我が家にいる限り、こむぎちゃんは常に3番目。
決して1番にはなることはないのです。
こむぎちゃんが1番になれる場所はきっとある。
こむぎちゃんを1番にしてくれる方はきっといる。
うん、そうだ、気を長く持って待ってみよう。

 

そして、クリスマスイブの日に、そのギフトは届きました。
守谷市にお住まいのDさんというご夫妻からです。

 

”ぜひとも「こむぎちゃん」を我が家へお迎えしたいと思いまして
まだ里親が決まっていなければ、一度お見合いをさせて頂ければと…”

 

 

年末年始でバタバタしていたこともあって、
新年明けてからのお見合いになりました。
その頃のこむぎちゃんのお気に入りは、
こたつの中で体を伸ばして昼寝をすることでした。
しかし、せっかくいらして下さるDさんに、
こたつの中にいますのでどうぞ、では失礼です。
きちんと見ていただき、触れ合っていただく為にも
当日、こむぎちゃんには2段ケージに入ってもらいました。
久々に入ったケージ、しかも扉閉まってる…。
こむぎちゃんはむすーっとしていましたが、
Dさんご夫妻が代わる代わる撫でて下さった時、
怒らず騒がず、落ち着いて静かに座っていました。

 

FEB-09

 

 

 

 

 

 

 

お見合いのご希望をいただいた時に、Dさんはこう言って下さいました。

”外で過ごしていた子なので、人馴れするのに
時間がかかるのは承知しております。
気長に一緒に生活できればと思っておりますので、
ぜひこむぎちゃんにお会いさせて頂けますでしょうか。”

 

 

小さくて頼りない可愛いらしい子猫や、
ベタベタな甘えん坊さんの大人猫は可愛い。
でも、私は、あまり人に慣れていない怖がりな猫が、
だんだん変わっていく過程を見るのが大好きです。
そういう子をものすごく可愛いと思ってしまうのです。
お見合いにいらしたご夫妻にお話を伺い、
こむぎちゃんと接して下さるお姿を拝見した時、
あ、同じタイプの方達だ…と思いました。

Dさんご夫妻は、猫がいかにも懐きそうな、
角ばったところを少しも感じさせない、
柔らかな雰囲気をお持ちのご夫妻でした。

 

 

 

キャリーで嫌な経験をしたこむぎちゃんですから、 ケージに入れて、そのまま運ぼうか。
いや、うちの車のトランクにはケージごと入らない。 やっぱり、キャリーしかないな。

 

こむぎちゃんをぜひ!と正式にお返事をいただいてから、
こむぎちゃんには大きいキャリーの中で食事をしてもらい、
キャリーの中に入ることに慣れてもらうことにしました。
じーっと疑いの眼差しをこちらに向けつつ、
すんなり入ってくれるようになるのに2週間くらいかかりました。
FEB-10

 

 

 

”はいりまーす!”

真っ先に飛び込むこまつ。
さすが、期待を裏切らない女。

 

 

 

 

FEB-11

 

 

 

 

やっと入るようになりました。
長いしっぽもきちんと中に収納。

 

 

 

 

 

お届けの日の朝、こむぎちゃんがキャリーの中で、
いつものように朝ご飯のカリカリを食べている時に
我が家では二度と開くことのない扉を閉めました。
「出して~出して~」と鳴き続けるこむぎちゃん。
バスタオルをキャリーに被せ、出発の時間まで、
静かな廊下で待機してもらいました。
時々、バスタオルの中から聞こえてくる、
悲しそうな不安そうなか細い声に胸がチクリとしました。

 

FEB-12

 

 

 

 

 

 

 

お届け前に病院に行き、健康チェックと耳そうじ、爪切りです。
私がしてあげられる最後のケアです。
洗濯ネットに入ったこむぎちゃんはおとなしく、
されるがままになっていました。
FEB-13

 

 

 

 

 

 

 

 

想像していたよりもずっと我が家から近かった守谷市。
途中から高速に乗り、1時間程でした。
到着すると、まず洗濯ネットにったままの
こむぎちゃんを抱っこしていただきました。
そうできるのも今のうちです。
慣れるまでの間しばらくは抱っこは出来ないかもしれないから。

 

FEB-14 FEB-15

 

 

 

 

 

 

 

こむぎちゃん、ずっと待ってたよ~。

 

 

 

リビングの隣、間続きになっているお部屋に
こむぎちゃん専用コーナーが設けられていました。
こむぎちゃんが隠れることが出来るように、
小さなスタンドが部屋の隅に設置されていましたので、
その上にこむぎちゃんをキャリーごと置きました。
登り降りしやすいように、階段かわりのイス等が 側に置かれています。
こむぎちゃんがキャリーからは出て来ないのは想定内でしたが、
キャリーの奥の方に籠るのではなく、 入り口付近に坐っていました。

 

FEB-16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人娘となるこむぎちゃんの今後をDさんご夫妻にお願いして、
少しの淋しさと、じわじわと広がる安堵を感じながら、
私は帰宅の途につきました。

 

 

 
========================================

 

 

カプくん
ずっと行方がわからなかったこむぎちゃんを連れてきてくれて
どうもありがとう。 次はカプ君の番かもしれないよ?

 

 

こむぎちゃん
長い間後回しにして、早く見つけてあげられなくてごめん。
くりこやこまつと喧嘩せず、いい子で過ごしてくれて、
4ヶ月の間、ここで一緒に暮らしてくれてどうもありがとう。
もう3番目じゃないよ、1番目の子になったんだから、
たくさん甘えて幸せになってください。

 

 

Dさん
たくさんの猫の中からこむぎちゃんを選んで下さり、
こむぎちゃんを見守っていくと言って下さって、どうもありがとう。
こむぎちゃんを太らせてしまってごめんなさいね。
どうかどうか、こむぎちゃんをよろしくお願いします。

 

The end

IMG_2895