猫が増えるしくみ

「ネズミ算式に倍倍で増えるんでしょ?」いいえ、ねこ算で増えます。

ただしいねこ算とは

1匹のメスが一度に産む子猫の数は3匹から6匹。だから1匹の猫が子猫を4匹産んで、次にその子猫が成猫になってそのなかのメスがまた4匹産む。これを繰り返して増えていく。

……だけではありません。

猫の妊娠期間は2ヶ月。早ければ生後8カ月で出産します。そして、オトナ(成猫)になればだいたい6カ月ごとに出産します。1年に3度出産する猫だっています。
1匹のメスが一度に産む子猫の数は3匹から6匹。その子猫が成猫になり それぞれまた3匹から6匹産む、と同時に、最初のメスも3匹から6匹産みます。生まれた子猫が成猫になれば、それぞれ3匹から6匹産みますが、最初のメスとその子供のメスも同時に3匹から6匹産みます。

想像しているよりも急激に増えるのです。

では、野良猫の寿命はどれくらいでしょう。
もともと長生きする動物ですが、交通事故・ケンカの怪我による感染症・先天性の病気・飢えと疲労・虐待・毒殺などが原因で早く死んでしまう猫も合わせると、平均寿命が4年から5年ということです。

上の猫算gifアニメーションは、1匹のメスが一度に産む子猫の数を3匹か4匹に設定、現れた猫は2年未満で居なくなると仮定しています。2年未満で消えていく猫(色が薄くなる)がいるにもかかわらず、これだけ爆発的に増えるのです。

知っていましたか?