旅立ち~卒業猫たちの物語

野良猫から飼い猫に~ 誰かの大切な家族になった子たち

里親募集TNRの記録

2017年1月28日保護→2月20日卒業
保護時年齢・体重:生後6週目(2016年10月下旬生まれ)・1.6㎏
卒業時年齢・体重:生後9週目・約1.9g
健康状態:お尻にケガ、風邪の症状
色柄・特徴:白黒・4つ足にソックス・細くて真っ直ぐな尻尾
母猫:不明
きょうだい:不明
移動:市川市菅野5丁目→稲敷市阿波崎
名前:みのりちゃん→キトちゃん
医療費:26278円(全て保護主負担)
病院:いち動物病院(市川市)・えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:野良の成猫に攻撃され怪我をして鳴いているところを、窓から見ていたNさんが急いで保護、すぐに手当の為病院に連れて行って下さいました。Nさんはご自宅にケージを設置し、みのりちゃんの世話をすることにしましたが、PC作業があまりお得意ではないとのことで、里親探しのお手伝いをすることにしました。怪我、風邪の状態が落ち着いてきた2月11日、ネットに里親募集掲載したところ、同日に複数のお問い合わせをいただきました。そのうち1組のご夫妻が翌日の里親会にいらして下さり、里親会開始早々みのりちゃんの飼い主さまが決まりました。キトちゃんとなったみのりちゃんは、現在、HFさんご夫妻、4ヶ月年上の可愛い先住猫さんと一緒に、緑あふれる稲敷市で暮らしています。

 

 

 

2016年10月6日保護→2017年2月4日卒業
保護時年齢・体重:2才3カ月(2014年10月頃の生まれ)・3.7kg
健康状態:〇
色柄・特徴:ムギワラ/サビキジ・細くて長いシマシマ尻尾
母猫・きょうだい:不明
移動:新田4丁目→新田3丁目→守谷市松並青葉
名前:こむぎちゃん→こむぎちゃん
医療費:13800円(ねこ藩100%負担)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

すぐ近所にいるはずなのになかなか所在がつかめず、初めて会った2015年春から1年半かかってやっと捕獲できた子です。当初はリリース予定でしたが、攻撃的なところが全くなく触っても怒らないおとなしい子でしたので、我が家で飼い猫同様に過ごしてもらいながら、里親さまを探すことにしました。我が家の手ごわい2匹の飼い猫と付かず離れず、頑張ったこむぎちゃん、だいぶ体重も増えてしまいました。なかなか問い合わせがなく、このままうちの子にしてしまってもいいかな…という思いでのんびり構えていましたが、2016年の年末にお見合いの申し込みがありました。お見合い後、こむぎちゃんをぜひ迎えたいとお返事をいただき、2017年2月4日、可愛いこむぎちゃんは卒業していきました。現在は守谷市で、素敵なマンションにお住まいの優しいご夫婦の一人娘となって暮らしています。

 

 

 

2016年2月4日避妊手術の為保護→後日リリース
2016年9月5日再保護→12月30日卒業
再保護時年齢・体重:1才3-4ヶ月(2015年6-7月生まれ)・3.8kg
健康状態:〇
色柄・特徴:縞二毛(ムギワラ )
母猫:マミ(021)
きょうだい:ミミ(019)・クル(024)
移動:松戸市根本→同市古ヶ崎→同市栄町
名前:ぺこちゃん
医療費:全て保護主負担
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

2016年2月「店舗裏に来る母猫&子猫3匹の避妊手術のお願いSOS」で松戸の江川さんをお手伝いしましたが、子猫3匹のうちの1匹がペコです。江川さんが店舗内にケージを設置し、術後の手厚いケアをしました。人慣れ度が低く暴れ出したので、里親探しは諦めリリースしました。その後も以前と変わらず、店舗裏で江川さんからご飯をもらっていましたが、徐々に江川さんとの距離は近づき触れるようになったので、リリースから半年後、江川さんが再保護、ご自宅内の保護部屋でペコを慣らしながら里親探しを始めました。幸いご近所にお住まいの女性の方がペコを気に行って下さり、ペコは年末に貰われていきました。ペコ再保護の後、きょうだいのクルも再保護しましたが、脱走を繰り返し今もまだ外にいます。

 

 

 

2016年10月11日保護→12月23日卒業
保護時年齢・体重:生後5週目・550g
卒業時年齢・体重:生後7週目・約900g
健康状態:〇
色柄・特徴:キジトラ・細くて真っ直ぐな尻尾
母猫:ちこちゃん(035)
きょうだい:不明
移動:市内下新宿→千葉市中央区青葉町
名前:とらちゃん
医療費:2400円(保護主藩負担)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)・

市内下新宿にお住まいのMさんご一家から、庭に居着いている子猫を保護したいとの相談がありました。捕獲器をお貸ししたその日の夕方に子猫とらちゃんを保護して室内に入れ、翌週には時々姿を見せる母猫ちこちゃんを捕獲しました(ちこちゃんは避妊手術後Mさん宅で1週間療養し庭にリリース)。くりっとした目の愛嬌のある子で人慣れは全く問題ない子でしたが、ネットでの里親募集&里親会でもなかなか希望者が現れませんでした。保護から2カ月して「?」な行動が見られたので去勢手術を行った直後、千葉市のAさんご一家からお問い合わせをいただき、さくさくと事は進んで、クリスマスの時期にとらちゃんはAさんご一家の飼い猫となりました。とても大切にされています。

 

 

 

2016年11月29日保護→12月14日卒業
保護時年齢・体重:生後6週目・650g
卒業時年齢・体重:生後8週目・約900g
健康状態:〇
色柄・特徴:白黒・細くて真っ直ぐな尻尾
母猫:不明
きょうだい:不明
移動:新田3丁目→大洲4丁目→松戸市牧の原
名前:おちび→アミちゃん
医療費:1600円(保護主負担)
病院:ありむらペットクリニック(市川市)

プロフィール:ご近所にお住まいの方から、庭にまだ小さい子猫がいると連絡をいただきましたが、こちらが出向いても見つかりませんでした。その数日後、同じ地域にお住まいの24才の女性がこの子猫を保護していることがわかり、里親探し等の相談を受けました。ネットで里親募集掲載をする前に、友人知人に画像を見せてみたところ、いつもお手伝い下さっている麻生さんの後輩が、ぜひ!とご希望下さり、保護から2週間程でアミちゃんは飼い猫になりました。現在はももちゃんという名前になり、松戸市牧の原のご夫婦と一緒に暮らしています。

 

 

 

2016年11月4日保護→11月22日卒業
保護時年齢・体重:生後5週目・550g
卒業時年齢・体重:生後7週目・約900g
健康状態:〇
色柄・特徴:シールポイント(アイボリー&グレー)・細くて真っ直ぐな尻尾
母猫:不明
きょうだい:他1匹行方不明
移動:新田5丁目→平田4丁目→高石神→武蔵野市吉祥寺本町
名前:みちる→ルーチェ
医療費:2400円(ねこ藩負担)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:スーパー隣にあるマンション敷地内に、段ボールに入れられて置かれていた2匹の子猫のうちの1匹です(もう1匹は行方不明)。未来ちゃん保護主菅野さんが迷わず保護し、菅野さん隣人のおじさまが2週間預かってきっちり育てて下さいました。保護後すぐに、ねこ藩助っ人・麻生さんの知人から申し出があり、おじさま宅から麻生さん宅に移動して4日目、保護から18日目に無事、武蔵野市のご一家の新しい家族として貰われていきました。人を怖がらず体も健康そのもの。元気いっぱい、ふわふわの可愛らしい男の子でした。

161104-01

 

 

 

2015年7月26日保護→8月2日卒業
保護時年齢・体重:生後2ヶ月弱・700g
卒業時年齢・体重:生後2ヶ月・750g
健康状態:〇
色柄・特徴:黒、長めで真っ直ぐな尻尾
母猫:クロ美(031)
きょうだい:他4匹消息不明
移動:柏井町2丁目→南大野1丁目
名前:あまねちゃん→くうちゃん
医療費:9500円(ねこ藩負担)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:市内柏井町在住Iさんの外猫2匹・♂クロ太郎とクロ美♀の不妊手術のお手伝いしました。6月初旬にクロ美が生んだ黒い子猫は5匹いたそうですが、4匹は姿が見えなくなり、以来消息は全くわかっていません。1匹だけ残った♀のあまねちゃんに時々ご飯をあげていたご近所のNさんが、あまねちゃんを保護して下さいました。保護後すぐに初期医療行為の為病院に連れて行きましたが、すこぶる良好な健康状態で、触ったり抱っこも容易に出来るおとなしい子でした。里親募集を始めたとほぼ同時に、2013年にまさむね(K-003)を貰って下さったYさんご一家から連絡が来て、あまねちゃんを迎えて下さることになりました。あまねちゃんをお届けした晩に、Yさんはご自宅の前であまねちゃんより小さい1匹の子猫を保護しました。その子=隆一(りゅういち)くんも一緒に飼うことになり、あまねちゃんには移動と同時に小さな弟も出来ました。2匹はすぐに仲良くなって毎日じゃれて遊んでいます。

 

 

0806-03 くう&りゅう

 

2匹そろってすくすく成長中。

2016年5月初旬保護→7月22日卒業
保護時年齢:生後1-2週間
卒業時年齢・体重:生後2.5ヶ月・約750g
健康状態:酷い風邪・軟便
色柄・特徴:キャリコ・細くて真っ直ぐな尻尾
母猫:シロミ(028)
きょうだい:他2匹(譲渡済)
移動:市川南1丁目→新田→町田市下小山田町
名前:ビビ→ビビ
医療費:8500円(ねこ藩負担)・?円(保護主負担)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)・ありむらペットクリニック(市川市)

プロフィール:地元の居酒屋店主さんが2015年春から世話をしている外猫4匹のうちのメス2匹が、不妊手術が間に合わずそれぞれ子猫を3匹づつ産んでしまいました。♀ビビは♀猫シロミの子です(他の2匹はそれぞれ店主さんの知人が貰って下さったそうです)。ねこ藩が外猫全匹の不妊手術、子猫達の通院と里親探しをお手伝いし、店主さんは自宅内に子猫達を保護し飼養して下さいました。離乳も遅く、また酷い風邪で目も鼻もいつもグチャグチャ、保護して2ヶ月近く経っても体重が増えずに小さいままで、ビビを知る人間は皆心配して下さいました。私の同級生Yさんがビビを希望して下さり、また、彼女の息子K太さんがペルを迎え入れて下さることになりました。大人3人、先住のポメラニアン、先住猫さんのいる温かいご家庭で、ビビは順調に成長しています。

 

K-037 Bibi-02

 

お顔がいつもグチャグチャ。
風邪はなかなか治りませんでした。

2016年4月下旬保護→7月22日卒業
保護時年齢:生後1-2週間
卒業時年齢・体重:生後3ヶ月強・約1.5㎏
健康状態:〇
色柄・特徴:茶トラ・長くて細い尻尾
母猫:シロ(027)
きょうだい:チャカ、他1匹(譲渡済)
移動:市川南1丁目→中央区勝どき2丁目→新田3丁目→町田市下小山田町→新潟県柏崎市
名前:ペル→チロ
医療費:7000円(ねこ藩負担)・3240円(ミニみゅう)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)・井元動物病院(中央区)

プロフィール:地元の居酒屋店主さんが2015年春から世話をしている外猫4匹のうちのメス2匹が、不妊手術が間に合わずそれぞれ子猫を3匹づつ産んでしまいました。♂ペルと♂チャカが♀猫シロの子です(もう1匹は店主さんの知人が貰って下さったそうです)。ねこ藩が外猫全匹の不妊手術、子猫達の通院と里親探しをお手伝いし、店主さんは自宅内に子猫達を保護し飼養して下さいました。オレンジ色に近いきれいな茶トラで、好奇心旺盛、活発、人の姿が見えなくなるとよく鳴く寂しがり屋さんでした。中央区のミニみゅうさん主催の里親会ではご縁が繋がりませんでしたが、私の同級生Yさんがビビを、彼女の息子K太さんがペルを迎え入れて下さることになりました。K太さんとおじいさんに大切に育ててもらいながら、ペルは新潟で元気に暮らしています。

 

K-036 Pelu-02

 

勝どきでの里親会で。 チャカ(右)・ペル(左)

2016年4月下旬保護→7月13日卒業
保護時年齢:生後1-2週間
卒業時年齢・体重:生後3ヶ月・約1.2㎏
健康状態:〇
色柄・特徴:茶トラ・長くて細い尻尾
母猫:シロ(027)
きょうだい:ペル、他1匹(譲渡済)
移動:市川南1丁目→中央区勝どき2丁目→台東区根岸3丁目
名前:チャカ→チャチャ
医療費:4300円(ねこ藩負担)・3240円(ミニみゅう負担)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)・井元動物病院(中央区)

プロフィール:地元の居酒屋店主さんが2015年春から世話をしている外猫4匹のうちのメス2匹が、不妊手術が間に合わずそれぞれ子猫を3匹づつ産んでしまいました。♂チャカと♂ペルが♀猫シロの子です(もう1匹は店主さんの知人が貰って下さったそうです)。ねこ藩が外猫全匹の不妊手術、子猫達の通院と里親探しをお手伝いし、店主さんは自宅内に子猫達を保護し飼養して下さいました。オレンジ色に近いきれいな茶トラで、ペルと比べると落ち着いた感じの子でした。中央区のミニみゅうさん主催の里親会に参加し、ミニみゅうさんの保護猫であるキジトラのせりなちゃんと2匹一緒に、台東区のご家族がチャカを迎えて下さいました。

 

K-035 Chaka-02

 

勝どきでの里親会で。 チャカ(右)・ペル(左)

2016年5月21日保護→5月25日卒業
保護時年齢・体重:生後1.5ヶ月・500㌘
卒業時年齢・体重:ditto
健康状態:〇
色柄・特徴:ムギワラ・やや曲がった尻尾
母猫:ミーミ(後に地域猫)
きょうだい:あお、レッド、みどり、レモン
移動:新田2丁目→新田3丁目→所沢市けやき台1丁目
名前:ピンクちゃん→むぎちゃん
医療費:4278円(ねこ藩負担)
病院:ありむらペットクリニック(市川市)

プロフィール:地元で喫茶店を営業している方が高架下から保護した子猫5匹のうちの1匹です。5匹は保護後、医療行為の為に病院に預けられていました。あっくん(K-032)の飼い主さんの同僚・Sさんが2匹を、また他の3匹についてもそれぞれ飼い主さんが決まったということで、一旦退院させお見合い等の為に我が家に8時間程滞在しました。早い時期に飼い主さんが決まりましたのであえて名前は付けず、識別の為につけたリボンの色を名前の代わりとしていました。Sさんはムギワラ女子のピンクちゃん、白黒男子のレッドくんを貰って下さいました。ピンクちゃんは同じきょうだいのレッドくんと一緒にSさんのお宅に貰われ、先住の小型犬のわんちゃん、飼い主のSさんご夫婦と仲良く暮らしています。

 

K-034 Pink-02

 

 

我が家に8時間程滞在した 小さなお客さま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年5月21日保護→5月25日卒業
保護時年齢・体重:生後1.5ヶ月・350㌘
卒業時年齢・体重:ditto
健康状態:軟便
色柄・特徴:白黒・ボワボワで短めのカギ尻尾
母猫:ミーミ(後に地域猫)
きょうだい:あお、みどり、レモン、ピンク
移動:新田2丁目→新田3丁目→所沢市けやき台1丁目
名前:レッドくん→マルくん→うにくん
医療費:4278円(ねこ藩負担)
病院:ありむらペットクリニック(市川市)

プロフィール:地元で喫茶店を営業している方が高架下から保護した子猫5匹のうちの1匹です。5匹は保護後、医療行為の為に病院に預けられていました。あっくん(K-032)の飼い主さんの同僚・Sさんが2匹を、また他の3匹についてもそれぞれ飼い主さんが決まったということで、一旦退院させお見合い等の為に我が家に8時間程滞在しました。早い時期に飼い主さんが決まりましたのであえて名前は付けず、識別の為につけたリボンの色を名前の代わりとしていました。白黒の男子レッドくんは他の子よりもずっと小さくて心配しましたが、Sさんがきちんと世話をして大きく育てて下さいました。レッドくんは、同じきょうだいのピンクちゃん、先住の小型犬のわんちゃん、飼い主のSさんご夫婦と一緒に暮らしています。

 

K-033 Red-02

 

保護直後のレッドくん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年2月23日保護→3月16日卒業
保護時年齢・体重:生後5ヶ月程・2.5㎏
健康状態:〇
色柄・特徴:キジトラ・中くらいの長さのカギ尻尾
母猫:ちいこ(025)
きょうだい:さやちゃん(023)
移動:市川市高石神→狭山市堀兼
名前:あっくん→茶々丸くん
医療費:13800円(麻生さん負担11600円・ねこ藩負担2200円)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:下総中山在住・麻生さんのお手伝いで、母猫と子猫2匹の不妊手術を行いました。子猫2匹は術後、室内のケージで麻生さんが世話をしましたが、なかなか心を開かない♀さやちゃんのみ庭に戻し、♂あっくんは里親さまを募集することにしました。おっとりした子で保護直後から触ったり抱っこできるようになりました。里親募集には本当にたくさんの応募をいただきましたが、狭山在住の理想的なご夫婦に託しました。茶々丸くんという名前をいただき、大人3人に囲まれて穏やかで幸せな猫生を送っています。

 

K-032 Akkun-02

 

よく似たきょうだい、あっくんとさやちゃん。
いつも一緒に過ごしていました。
さやちゃんは術後もずっと麻生さんのお庭で、
父親のクロッチと一緒に生きています。

K-032 Akkun-03

2016年2月13日保護→3月7日卒業
保護時年齢:生後6-7ヶ月・2.7㎏
卒業時年齢:生後7-8ヶ月
健康状態:〇
色柄・特徴:キャリコ・長い尻尾
母猫:不明
きょうだい:TNR記録016の三毛?
移動:新田3丁目→行徳駅前4丁目→新浜1丁目
名前:リリちゃん→ひまわりちゃん
医療費:14000円(ねこ藩負担) フード&預かり代:4394円(ねこ藩負担)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:近所の餌やりおじいさんが餌をやっていた三毛猫親子3匹のうち1匹で、たまたまうちの捕獲器に入ってしまいました。1月にTNRした三毛ちゃん(016)の姉妹猫だと思います。リリースのつもりでいましたが、術後にリリちゃんを預かりご自宅内のケージで世話をして下さった市内の個人ボランティア・広田さんが、こんなにおとなしくていい子は滅多にいないから飼い主さんを探しましょうと言って下さり、地元の里親希望者さまとのご縁を繋げて下さいました。小学生のお子様がいるご家庭に貰われ、今はひまわりちゃんという名前で元気にしています。

 

術後、広田さん宅に移動したりりちゃん

DSC_1150

 

K-031 Lili-03

2016年2月9日保護→2月15日卒業→2月23日自然死
保護時年齢:生後7-8カ月・2.4㎏
卒業時年齢:ditto
健康状態:〇
色柄・特徴:キャリコ・長い尻尾
母猫:マミ(021)
きょうだい:ペコ、クル
移動:松戸市根本→松戸市根本
名前:ミミちゃん→ミーちゃん
医療費:19800円(保護主負担17900円・ねこ藩負担1900円)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:松戸在住・江川さんのお手伝いで、店舗裏に来る母猫と生後7-8ヶ月の♀子猫3匹=計4匹TNRのお手伝いをしました。ミミは子猫の1匹で比較的おとなしい子でした。江川さん店舗からすぐのところにお住まいのTさんが以前よりミミの存在を知っており、ミミを迎え入れて下さいました。先住猫さんとも仲良くなれてこれから…という時にミミは自然死しました。Tさんはご自宅の庭に飼い猫ミミを埋葬して下さいました。

 

 

 

160223:ミミ01

2014年9月17日避妊手術の為保護→9月28日リリース
2015年11月10日再保護→我が家の家猫に
再保護時年齢・体重:推定3才(2012年生まれ)・4.6kg
健康状態:〇
色柄・特徴:縞二毛(ムギワラ )・先の丸い長い尻尾
母猫・きょうだい:不明
移動:新田3丁目→我が家の庭(1年2ヶ月)→我が家の室内
名前:こまつ 医療費:13300円(避妊・ワクチン他/自己負担)・14000円(ワクチン・マイクロチップ他/自己負担)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:くりこがころちゃんを連れて戻って来た直後、隣家でご飯をもらっていた♂猫・福ちゃんのガールフレンドとして突然大きいお腹をして庭に現れるようになりました。それから2カ月後3匹の子猫とこまつが常に庭にいるようになったので思いきって捕獲。子猫達は保護して里親さまのもとへ、こまつは術後、ハウス&トイレを設置した我が家の表庭にリリースして外猫として世話をしましたが、裏庭にいるくりこと相性が悪く頻繁に喧嘩をしていました。案外ビビりで人間と一定の距離を置き、触られるのも嫌がっていましたが、くりこが室内に入った後、我が家の敷地にひとりだけになると性格が徐々に変わり、ゴロゴロと慣れて甘えるようになったので、里親を探してあげようと、くりこに遅れること2ヶ月、2015年11月に室内に入れました。ところが、先に家猫となっていたくりことそれなりにうまくやっていましたので、様子見がダラダラとなり、結局、うちの2匹目の飼い猫となりました。甘えたい時はしつこいほどのヌリヌリですが、あまり撫でていると噛みますし、気分が乗らない時は遠くに座っている典型的なツンデレ猫です。

 

K-029:Komatsu-01

庭猫ハウス: 収納コンテナと発砲スチロールの箱との二重構造で中は温かいです。冷えないよう更に毎晩湯たんぽを入れましたが、こまつには少し暑かったようで、よく頭だけ外にだらーんと出して寝ていました。発砲スチロールとフリースを取り出し、収納コンテナ内部に厚いタオルを敷くと春用ハウスになります。雨が降りだすと急いで戻って来て、雨がやむまでハウスの中に避難していました。

160910-02

2014年6月21日避妊手術の為保護→6月25日リリース
2015年8月24日再保護→我が家の家猫に
再保護時年齢・体重:推定3才(2012年生まれ)・3.8kg
健康状態:猫風邪
色柄・特徴:キジトラ・途中で切れたような尻尾
母猫:不明
きょうだい:キジ子(001)
移動:新田3丁目→我が家の庭(1年2ヶ月)→我が家の室内
名前:くりこ
医療費:10584円(堕胎・避妊/自己負担)・13000円(ワクチン・マイクロチップ他/自己負担)
病院:おおさき動物病院(船橋市)・えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:この地域で妊娠出産を繰り返しながら野良猫として生きていた子で2013年の夏に初めて会いました。2014年夏に子猫のころちゃんを連れて庭に戻って来た際に、捕獲して堕胎&避妊手術後に庭にリリースしました。自傷行為なのか他の猫に噛まれたのか尻尾が途中で切れて膿んでおり、また猫風邪の状態もよくありませんでしたので、我が家の裏庭にハウスとトイレを設置して世話をすることにしました。1年2カ月の庭猫生活後、猫風邪が悪化していたのと、表庭に住んでいたこまつと相性が合わず居心地悪そうにしていましたので、2015年8月末に室内に入れ、家族として迎えました。触ろうとすると爪を出す子でしたが、家猫になって1年経過した現在では、触られるのが大好きな、ごく普通の甘えん坊の飼い猫になりました。

 

 

 

K-028:Kuriko-01

庭猫時代・寒い時期。 勝手口から入り、ヒーターのついたキッチン内でご飯を食べていました。夕食後1-2時間はこうしてまどろみます。 この後、勝手口を出た右側に設置してある湯たんぽ入りの温かいハウスに移動し睡眠。 昼間はパトロールに出かけますが、夜間と雨の日は必ずハウスに入っていました。

160910-01

2015年7月11日保護→7月19日卒業
保護時年齢:生後2ヶ月・920㌘
卒業時年齢:生後2カ月強・1300㌘
健康状態:〇
色柄・特徴:サバトラ(クラシックタビー)・長い尻尾
母猫:不明
きょうだい:不明
移動:平田4丁目→新田3丁目→世田谷区玉川台1丁目
名前:こなみちゃん→こなみちゃん
医療費:9730円(菅野さん負担)・3800円(自己負担)
病院:真間ペットクリニック(市川市)・えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:2014年秋に突如すずちゃんが現れたように、またしても菅野さん宅のお庭に1匹のきれいな子猫が現れました。菅野さんが数日間ご飯を挙げて慣らしている間、以前個人ボランティアIさんから保護猫を貰いうけた世田谷にお住まいのNさんが、こなみちゃんの画像を見て下さり、飼い主の名乗りをあげて下さいました。保護後は我が家に移動し、ちょうど同じ時期我が家に滞在していた保護猫めめちゃんと姉妹のように仲良くなり、一緒に楽しい1週間を過ごした後、新しい家族Nさんにお届けしました。こなみちゃんの出現からお届けまであっという間の出来ごとでした。ひとりになっためめちゃんが、いなくなってしまった仲良しのこなみちゃんを探して歩きまわっていた姿を今でもよく覚えています。こなみちゃんは先住の優しいお兄ちゃん猫2匹にすぐに受け入れてもらい、男子を圧倒する強い女子に成長しているようですが、血統種のような容姿は今もそのままです。

 

K-027:Konami-02

 

 

 

昼寝も忘れて、いつまでもじゃれて 遊んでいたこなみちゃんとめめちゃん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年7月3日保護→8月日卒業
保護時年齢:生後2カ月・700㎏
卒業時年齢:生後3ヶ月・890㎏
健康状態:軽い風邪の症状とコクシジウム(治癒)
色柄・特徴:白黒・ハチワレ
母猫:不明
きょうだい:不明
移動:新田3丁目→浦安市
名前:チマちゃん→?
医療費:詳細不明(保護主負担)
病院:ありむらペットクリニック(市川市)・えどがわ犬猫病院(江戸川区)

近所でご商売を営むTさんが、店舗から道路を挟んだ向かい側の空き地でウロウロしている子猫を保護しました。その晩のうちに必要な医療行為を行いましたが、便からコクシジウムが見つかり、アプシードを処方されました。保護後は、Tさんが昼は店舗で、夜はご自宅でチマちゃんの世話をし、ねこ藩(その時は個人H)は、通院とネットでの里親募集のお手伝いをしました。里親希望者はなかなか現れず、気長に待とうと話し合っていた時、Tさんのお知り合いの方がチマちゃんを迎えて下さることになりました。最初から人慣れした、体重の割には小さく見える可愛い子でした。現在は浦安で暮らしています。

 

K-027:Chima-02

 

 

Tさんはチマちゃんをキャリーに入れて毎日店舗に連れて来ていました。
Tさんが仕事をする傍ら、すやすやと眠るチマちゃん。

 

 

2015年7月3日保護→8月2日卒業
保護時年齢:生後3カ月・1.2㎏
卒業時年齢:生後4ヶ月・1.6㎏
健康状態:チェリーアイ(治癒)
色柄・特徴:サバトラ・尻尾無し
母猫:グレコ(010)
きょうだい:しげちゃん、カラちゃん、未来ちゃん
移動:新田3丁目→新田3丁目→横浜市鶴見区寛政町
名前:めめちゃん→小豆リンちゃん
医療費:11300円(自己負担)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

廃業した銭湯裏庭で土地所有者Tさんからご飯を貰っていた猫達の1匹、メスのグレコが生んだ4匹のうちの1匹です。最初、Tさんはチェリーアイ(第三眼瞼腺脱出)のめめちゃんと四肢不自由の未来ちゃんは自分が面倒をみると言っておられましたが、他にも数匹の飼い猫がいた為、こちらで保護して飼い主さん探しをすることにしました。めめちゃんはとても人懐っこくてお転婆で鳴き声も可愛い子でしたが、尻尾が無いことを理由に、なかなか新しい飼い主さんとのご縁が繋がりませんでした。カラちゃんを見送り、途中から来たこなみちゃんを見送り、保護から3週間目に参加した里親会で、優しいご夫婦との出会いがありました。現在は先住猫さんのいる横浜市のご夫婦と暮らしています。

 

K-025:Meme-03

 

 

チェリーアイの治療でカラーを付けたまま
昼寝をするめめちゃん
あまり衛生的とは言えない銭湯裏庭の
ボイラー室を寝床にしていました

 

K-025:Meme-02

2015年6月25日保護
保護時年齢:生後2.5カ月
健康状態:四肢不自由障害
色柄・特徴:グレー・短い尻尾
母猫:グレコ(010)
きょうだい:しげちゃん、カラちゃん、めめちゃん
移動:新田3丁目→平田4丁目
名前:未来ちゃん
医療費:不明(菅野さん負担)
病院:ありむらペットクリニック・真間ペットクリニック(市川市)

プロフィール:廃業した銭湯裏庭で土地所有者Tさんからご飯を貰っていた猫達の1匹、メスのグレコが生んだ4匹のうちの1匹です。最初、Tさんはチェリーアイ(第三眼瞼腺脱出)のめめちゃんと四肢不自由の未来ちゃんは自分が面倒をみると言っておられましたが、他にも数匹の飼い猫がいた為、こちらで保護して飼い主さん探しをすることにしました。衛生的とは言えない半分外のような状況でしたので、地元で地域猫の世話をしている菅野さんが未来ちゃんを連れて帰り獣医さんの診断を受けました。未来ちゃんは脳に障害があり、四つ足で立って歩くことは出来ない子だとわかりました。1度里親会にも参加しましたが、重い障害猫の未来ちゃんの里親探しは難しいだろうということで、保護以来ずっと菅野さんが家の猫と一緒に世話をして下さっています。

 

 

K-026:Miku-02

 

四つん這いの体勢を覚えるトレーニング。
なかなかうまくいきません。

K-026:Miku-03

2015年6月22日保護→7月8日卒業
保護時年齢:生後2.5カ月・1200㌘
卒業時年齢:生後3ヶ月
健康状態:コクシジウム
色柄・特徴:黒・真っ直ぐで長い尻尾
母猫:グレコ(010)
きょうだい:しげちゃん、未来ちゃん、めめちゃん
移動:新田3丁目→平田4丁目→新田3丁目→習志野市谷津4丁目
名前:カラちゃん→リンちゃん
医療費:不明(菅野さん負担)
病院:ありむらペットクリニック(市川市)

プロフィール:廃業した銭湯裏庭で土地所有者Tさんからご飯を貰っていた猫達の1匹、メスのグレコが生んだ4匹のうちの1匹です。Tさんからはしげちゃんとカラちゃんの飼い主さん探しをして下さいとお願いされました。Tさんには慣れていましたのでキャリーで保護、地元で地域猫の世話をしている菅野さんが病院へ連れて行って下さり、菅野さん宅お隣のおじいさんがカラちゃんを預かり10日間可愛がって世話をして下さいました。その後我が家でめめちゃんと一緒に5日間過ごし、先住猫さんのいる習志野市在住の音楽家の方にお届けしました。
K-024:Kara-02

2015年6月19日保護→6月27日卒業
保護時年齢:生後2.5カ月
卒業時年齢:生後約3ヶ月
健康状態:〇
色柄・特徴:白キジ・真っ直ぐで長い尻尾
母猫:グレコ(010)
きょうだい:カラちゃん、未来ちゃん、めめちゃん
移動:新田3丁目→高谷2丁目→新田3丁目→千葉市花見川区旭日ヶ丘3丁目
名前:しげちゃん→はるちゃん
医療費:不明(自費) 病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:廃業した銭湯裏庭で土地所有者Tさんからご飯を貰っていた猫達の1匹、メスのグレコが生んだ4匹のうちの1匹です。Tさんからはしげちゃんとカラちゃんの飼い主さん探しをして下さいとお願いされました。かねてより、子猫を1匹迎えたい方がいると知人からきいていましたので、既に飼い主さんが決まっている状況でのしげちゃんの保護でした。Tさんには慣れていましたのでキャリーで保護、病院で医療行為を終えた後、個人ボランティアさんIさんが8日間預かって下さいました。たくさんの猫達と生活していた子ですので、保護直後はひとりで不安そうでしたが、徐々に慣れて可愛くなりました、現在は千葉市にお住まいのLさんとウサギさんと一緒に暮らしています。

K-023:Shige-02

2015年4月7日保護→5月29日卒業
保護時年齢・体重:生後2週目・約200㌘
卒業時年齢:生後2ヶ月・850グラム
健康状態:衰弱・首にキズ
色柄・特徴:ポインテッド(ホワイトシナモン)・長くて細い尻尾
母猫:不明
きょうだい:ミケル、グレル
移動:南葛西6丁目→浦安市日の出1丁目→新田3丁目→南葛西6丁目
名前:コットン→わたあめ
医療費:0円
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:菜花ちゃん(K-019)を保護し、お世話にになっている病院に連れて行った晩に出会った赤ちゃん3匹。母猫に置き去りにされたらしいこの子達を、近所にお住まいの方が保護し温めながら病院に連れて来たそうですが、病院には入院施設もありませんので先生が困っておられました。どの子も噛まれたらしいキズが首にありひどく衰弱していました。個人ボランティアのIさんに相談したところ、以前Iさんから保護猫を譲り受けた浦安市にお住まいのNさんが、離乳するまでという期限付きで3匹を預かり大切に育てて下さいました。5月のGW明けに3匹が我が家に移動した直後、この3匹はもともと4きょうだいで、先に1匹だけを保護した方がもう1匹を希望していると先生から連絡がありました。3匹を病院に届け出た方の妹さんご一家です。お見合いにはそのもう1匹のきょうだいでグレーのポインテッドのおもち君も同席、そっくりで色違いのコットンを選んで下さいました。南葛西→浦安→市川と移動してきたコットンですが、わたあめちゃんという名前になって生まれ故郷の南葛西に戻りました。ご両親と4人のお子さま、そして同腹のきょうだい・おもち君と一緒に暮らしています。

 

保護された直後のコットン                コットンより先に保護されていたおもち君

K-022:Cotton-02 K-022:Omochi-01

 

 

 

 

 

 

K-022:Cotton-03

左:わたあめちゃん  右:おもちくん

子猫の時は色素が薄かったわたあめちゃんですが、
成長するにつれ本来の色が出てきました

2015年4月7日保護→6月3日卒業
保護時年齢・体重:生後2週目・約200㌘
卒業時年齢:生後2ヶ月・1100㌘
健康状態:衰弱・首にキズ
色柄・特徴:サバトラ・先がややカギの長くて細い尻尾
母猫:不明
きょうだい:ミケル、コットン
移動:南葛西6丁目→浦安市日の出1丁目→新田3丁目→市川南3丁目
名前:グレル→ロワ
医療費:7900円(自費)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)・真間ペットクリニック(市川市)

プロフィール:菜花ちゃん(K-019)を保護し、お世話にになっている病院に連れて行った晩に出会った赤ちゃん3匹。母猫に置き去りにされたらしいこの子達を、近所にお住まいの方が保護し温めながら病院に連れて来たそうですが、病院には入院施設もありませんので先生が困っておられました。どの子も噛まれたらしいキズが首にありひどく衰弱していました。個人ボランティアのIさんに相談したところ、以前Iさんから保護猫を譲り受けた浦安市にお住まいのNさんが、離乳するまでという期限付きで3匹を預かり大切に育てて下さいました。5月のGW明けに3匹は我が家に移動、お見合いを経て、我が家から徒歩圏内にお住まいのご家族がミケルとグレルを一緒に迎えて下さいました。お届けする数日前、2階の階段上の手すりに飛び乗って夢中になって遊んでいたわんぱくなグレルが、途中の踊り場まで約2メートルの高さを落下するというアクシデントがあり、慌てて病院に連れて行きました。怪我はしていませんでしたが、怖い体験をしてしょんぼりしてしまったのを見て、子猫は本当に目が離せない生き物だと再認識しました。

 

 

 

 

K-021:Grell-02

 

 

 

保護された直後のグレル

 

 

K-020:Michaelle-03     妹のミケル(現プティちゃん)と。

2015年4月7日保護→6月3日卒業
保護時年齢・体重:生後2週目・100強㌘
卒業時年齢:生後2ヶ月・800㌘
健康状態:かなりの衰弱・首にキズ
色柄・特徴:パステル三毛・中くらいの長さの尻尾
母猫:不明
きょうだい:グレル、コットン
移動:南葛西6丁目→浦安市日の出1丁目→新田3丁目→市川南3丁目
名前:ミケル→プティ
医療費:2500円(自費)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:菜花ちゃん(K-019)を保護し、お世話にになっている病院に連れて行った晩に出会った赤ちゃん3匹。母猫に置き去りにされたらしいこの子達を、近所にお住まいの方が保護し温めながら病院に連れて来たそうですが、病院には入院施設もありませんので先生が困っておられました。どの子も噛まれたらしいキズが首にありひどく衰弱していました。特にミケルはほとんど動けず、先生があと数時間持たないかもしれない…とおっしゃる程の状態で、個人ボランティアのIさんに相談したところ、以前Iさんから保護猫を譲り受けた浦安市にお住まいのNさんが、離乳するまでという期限付きで3匹を預かり大切に育てて下さいました。5月のGW明けに3匹は我が家に移動、お見合いを経て、我が家から徒歩圏内にお住まいのご家族がミケルとグレルを一緒に迎えて下さいました。

 

K-020:Michaelle-02

 

 

 

保護された直後のミケル

K-020:Michaelle-03     兄のグレル(現ロワ君)と。

2015年4月7日保護→5月6日卒業
保護時年齢・体重:2才くらい・3.8kg
健康状態:〇
色柄・特徴:サビキジ・長い尻尾
母猫・きょうだい:不明
移動:新田4丁目→新田3丁目→大田区千鳥3丁目
名前:菜花ちゃん→菜花ちゃん
医療費:自己負担(25300円)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:近所の野良猫が集まる公園に住んでいた、人を怖がらないとても穏やかで可愛らしい女の子です。初めて合った2014年7月から時々公園を訪れ、切ない思いでずっと観察していましたが、妊娠出産を繰り返していましたので保護することにしました。金属ケージに自分から入ってくれましたし、術後退院して家に連れて来たその晩から、家猫のようにふるまっていたとても扱いやすい大人しい子でした。もともとは飼い猫だったのかもしれません。1カ月の保護期間中、うちで飼ってあげたいという気持ちが強くなりましたが、最終的には里親募集に応募いただいたたくさんの方々の中から、菜花ちゃんと同じ年頃の♂猫1匹を飼っていらっしゃる大田区にお住まいの男性に譲渡しました。

 

K-019:Naka-02

 

 

暑い夏の日、公園の木陰で 涼をとる菜花ちゃん

K-019:Naka-03

2014年10月29日保護→11月29日卒業
保護時年齢:生後7週目(1.5ヶ月)
卒業時年齢:生後11週目(3カ月)
健康状態:〇
色柄・特徴:サバトラ・長い尻尾
母猫:不明
きょうだい:不明
移動:平田4丁目→鬼高2丁目
名前:すずちゃん→ろんちゃん
医療費:保護主菅野さん負担
病院:ありむらペットクリニック・ひらたペットクリニック(どちらも市川市)

プロフィール:室内飼い2匹、外飼い1匹、地域猫数匹の世話をしている菅野さん宅のお庭に突如、ふっくらした真ん丸い目の可愛い子猫が現れました。菅野さんが庭でご飯をあげて慣らして数日後にケージに自ら入ったところを保護。コクシジウムの駆虫が必要でしたが、他は健康そのもので、誰にでもおとなしく抱っこされるいい子でした。獣医さんのご判断で性別が♀→♂になったり、マッサージチェアの内部に入り込んでしまったり、いろいろありましたが、保護からちょうど1ヶ月後に、市内の個人ボランティアIさんから猫を貰いうけた鬼高在住のご家族が、すずちゃんも一緒に迎えて下さいました。現在はとてもハンサムな男子に成長しています。

K-018:Suzu-02

2014年10月27日保護→11月19日移動→12月21日卒業
保護時年齢・体重:生後7週目(1.5ヶ月)・500㌘
卒業時年齢:体重:生後15週目(3.5カ月)・920㌘
健康状態:酷い風邪
色柄・特徴:白黒キジ・先っぽがややカギしっぽ
母猫:不明
きょうだい:ひよすけ、むくすけ、つぐすけ
移動:大洲4丁目→平田1丁目→高谷2丁目→美浜区幸町1丁目
名前:こますけ→しめじ
医療費:三木さん/Iさん負担
病院:ありむらペットクリニック(市川市)・えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:近所のアパートに不妊手術を一切せずに長年野良猫の餌やりを続けている海老沢さんという中年男性がいます。こますけは、その海老沢さんの置き餌を食べに来ていたメス猫が産んだ4匹のうちの1匹です。怒った個人ボランティアの三木さんが4匹を海老沢さんから奪い取って連れて帰りましたが、三木さんは室内で猫を保護することをご家族に許されていませんので裏庭に設置したケージに4匹を入れました。保護時どの子も酷い風邪にかかっていましたが、三木さんはべつの子猫3匹も他の庭ケージ内で保護しており、三木さん自身が十分なケアをしてあげられず、症状は次第にもっと酷くなりました。心を痛めた市内の個人ボランティアIさんが、つぐすけとこますけの2匹、三木さんからの丸投げを申し出て下さいました。私に出来たお手伝いは、この子達を手放すよう三木さんを説得してIさんのもとに送り届けただけです。その後先住猫のいる千葉駅近くにお住まいのご一家がこますけを迎えて下さいました。

 

K-017:Koma-03 K-017:Koma-02

K-017:Koma-04

2014年10月27日保護→11月19日移動→12月14日卒業
保護時年齢・体重:生後7週目(1.5ヶ月)・600㌘
卒業時年齢:体重:生後10週目(2.5カ月)・1100㌘
健康状態:酷い風邪
色柄・特徴:白キジ・長いシマシマのしっぽ
母猫:不明
きょうだい:ひよすけ、むくすけ、こますけ
移動:大洲4丁目→平田1丁目→高谷2丁目→高円寺南3丁目
名前:つぐすけ→つぐ
医療費:三木さん/Iさん負担
病院:ありむらペットクリニック(市川市)・えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:近所のアパートに不妊手術を一切せずに長年野良猫の餌やりを続けている海老沢さんという中年男性がいます。つぐすけは、その海老沢さんの置き餌を食べに来ていたメス猫が産んだ4匹のうちの1匹です。怒った個人ボランティアの三木さんが4匹を海老沢さんから奪い取って連れて帰りましたが、三木さんは室内で猫を保護することをご家族に許されていませんので裏庭に設置したケージに4匹を入れました。保護時どの子も酷い風邪にかかっていましたが、三木さんはべつの子猫3匹も他の庭ケージ内で保護しており、三木さん自身が十分なケアをしてあげられず、症状は次第にもっと酷くなりました。心を痛めた市内の個人ボランティアIさんが、つぐすけとこますけの2匹、三木さんからの丸投げを申し出て下さいました。私に出来たお手伝いは、この子達を手放すよう三木さんを説得してIさんのもとに送り届けただけです。その後つぐすけにはいいご縁があり、ご自身でも猫の預かり等をしていらっしゃる杉並区のご夫婦に迎えていただきました。

 

K-016:Tsugu-03K-016:Tsugu-02

DSC_3938

2014年10月27日保護→11月19日仮卒業
保護時年齢・体重:生後7週目(1.5ヶ月)・600㌘
仮卒業時年齢:体重:生後10週目(2.5カ月)・920㌘
健康状態:酷い風邪
色柄・特徴:キジトラ・長いしっぽで先端がカギ
母猫:不明
きょうだい:ひよすけ、つぐすけ、こますけ
移動:大洲4丁目→平田1丁目→鎌ヶ谷市鎌ヶ谷3丁目
名前:むくすけ→?
医療費:三木さん負担
病院:ありむらペットクリニック他(市川市)

プロフィール:近所のアパートに不妊手術を一切せずに長年野良猫の餌やりを続けている海老沢さんという中年男性がいます。むくすけは、その海老沢さんの置き餌を食べに来ていたメス猫が産んだ4匹のうちの1匹です。怒った個人ボランティアの三木さんが4匹を海老沢さんから奪い取って連れて帰りましたが、三木さんは室内で猫を保護することをご家族に許されていませんので裏庭に設置したケージに4匹を入れました。保護時どの子も酷い風邪にかかっていましたが、三木さんはべつの子猫3匹も他の庭ケージ内で保護しており、三木さん自身が十分なケアをしてあげられず、症状は次第にもっと酷くなりました。ネットでその状況を拡散したところ、鎌ヶ谷の個人ボランティアKさんより連絡があり、三木さんからの丸投げを引き受けて下さいました。私に出来たお手伝いは、この子達の状況を拡散し、この子達を手放すよう三木さんを説得してKさんのもとに送り届けただけです。Kさんはよくお世話をして下さいましたが、ひよすけとむくすけの潰れかけた目はなかなか元には戻りませんでした。2匹ともKさんのつてでお話をすすめて下さり里子に出して下さいました。

 

K-015:Muku-03      K-015:Muku-02

 

 

2014年10月27日保護→11月19日仮卒業
保護時年齢・体重:生後7週目(1.5ヶ月)・600㌘
仮卒業時年齢:体重:生後10週目(2.5カ月)・680㌘
健康状態:酷い風邪
色柄・特徴:キジトラ・短いカギしっぽ
母猫:不明
きょうだい:むくすけ、つぐすけ、こますけ
移動:大洲4丁目→平田1丁目→鎌ヶ谷市鎌ヶ谷3丁目
名前:ひよすけ→?
医療費:三木さん負担
病院:ありむらペットクリニック他(市川市)

プロフィール:近所のアパートに不妊手術を一切せずに長年野良猫の餌やりを続けている海老沢さんという中年男性がいます。ひよすけは、その海老沢さんの置き餌を食べに来ていたメス猫が産んだ4匹のうちの1匹です。怒った個人ボランティアの三木さんが4匹を海老沢さんから奪い取って連れて帰りましたが、三木さんは室内で猫を保護することをご家族に許されていませんので裏庭に設置したケージに4匹を入れました。保護時どの子も酷い風邪にかかっていましたが、三木さんはべつの子猫3匹も他の庭ケージ内で保護しており、三木さん自身が十分なケアをしてあげられず、症状は次第にもっと酷くなりました。ネットでその状況を拡散したところ、鎌ヶ谷の個人ボランティアKさんより連絡があり、三木さんからの丸投げを引き受けて下さいました。私に出来たお手伝いは、この子達の状況を拡散し、この子達を手放すよう三木さんを説得してKさんのもとに送り届けただけです。Kさんはよくお世話をして下さいましたが、ひよすけとむくすけの潰れかけた目はなかなか元には戻りませんでした。2匹ともKさんのつてでお話をすすめて下さり里子に出して下さいました。

 

K-014:Hiyo-03  K-014:Hiyo-02

 

 

2014年9月22日保護→12月9日卒業
保護時年齢・体重:生後4週目(1ヶ月)・350㌘
卒業時年齢:体重:生後15週目(3.5カ月)・1300㌘
健康状態:風邪
色柄・特徴:白黒ハチワレ・鼻の左横に小さなハート・長い尻尾
母猫:不明
きょうだい:シータ、エータ
移動:平田1丁目→鎌ヶ谷市東初富2丁目→船橋市三咲
名前:ティータ→ハル
医療費:三木さん負担
病院:ありむらペットクリニック他(市川市)

プロフィール:神社を散歩していた方が段ボール箱に入れられて捨てられていた子猫3匹を発見し、個人ボランティア三木さんに届けました。三木さんは室内で猫を保護することをご家族に許されていませんので裏庭に設置したケージに3匹を入れました。9月末に生後1カ月・350㌘程で保護された3匹のきょうだいでしたが、2カ月間、遊びたい盛りの可愛い子猫の時期に、毛布1枚で覆われたケージ内で太陽を見ることもなく過ごし、風邪の症状も一向によくならないまま生後3カ月・1.5㎏に成長してしまいました。その状況を知人の個人ボランティアIさんに相談したところ、鎌ヶ谷のFさんに繋いで下さり、気の毒に思ったFさんが三木さんからの丸投げを引き受けて下さいました。私に出来たお手伝いは、この子達の状況を拡散し、この子達を手放すよう三木さんを説得し、Fさんのもとに送り届けただけです。Fさん宅での約1週間、たくさんのおもちゃやタワーで遊び、失った2カ月を取り戻そうとしているかのように3匹は元気いっぱい遊んで過ごしました。Fさん宅に到着して間もなく、シータ、エータ、ティータは3匹一緒に、船橋市のご夫婦の新しい家族となりました。無理な保護は後々周りの人々に迷惑をかけることになり得るのだと学んだ一件でした。

 

K-013:T-ta-03

 

Fさん宅に移動後、清潔な保護部屋で
のびのびと遊んでいた3匹

K-013:T-ta-03

2014年9月22日保護→12月9日卒業
保護時年齢・体重:生後4週目(1ヶ月)・350㌘
卒業時年齢:体重:生後15週目(3.5カ月)・1450㌘
健康状態:風邪
色柄・特徴:白黒ハチワレ・口元左に大きなポッチ・長い尻尾
母猫:不明
きょうだい:シータ、ティータ
移動:平田1丁目→鎌ヶ谷市東初富2丁目→船橋市三咲
名前:エータ→タカ
医療費:三木さん負担
病院:ありむらペットクリニック他(市川市)

プロフィール:神社を散歩していた方が段ボール箱に入れられて捨てられていた子猫3匹を発見し、個人ボランティア三木さんに届けました。三木さんは室内で猫を保護することをご家族に許されていませんので裏庭に設置したケージに3匹を入れました。9月末に生後1カ月・350㌘程で保護された3匹のきょうだいでしたが、2カ月間、遊びたい盛りの可愛い子猫の時期に、毛布1枚で覆われたケージ内で太陽を見ることもなく過ごし、風邪の症状も一向によくならないまま生後3カ月・1.5㎏に成長してしまいました。その状況を知人の個人ボランティアIさんに相談したところ、鎌ヶ谷のFさんに繋いで下さり、気の毒に思ったFさんが三木さんからの丸投げを引き受けて下さいました。私に出来たお手伝いは、この子達の状況を拡散し、この子達を手放すよう三木さんを説得し、Fさんのもとに送り届けただけです。Fさん宅での約1週間、たくさんのおもちゃやタワーで遊び、失った2カ月を取り戻そうとしているかのように3匹は元気いっぱい遊んで過ごしました。Fさん宅に到着して間もなく、シータ、エータ、ティータは3匹一緒に、船橋市のご夫婦の新しい家族となりました。無理な保護は後々周りの人々に迷惑をかけることになり得るのだと学んだ一件でした。

 

K-012:A-ta-02

 

 

 

ケージは布で覆われ、太陽の光を見ることが
できるのは、三木さんがご飯を持ってきた時だけでした

K-012:A-ta-03

2014年9月22日保護→12月9日卒業
保護時年齢・体重:生後4週目(1ヶ月)・350㌘
卒業時年齢:体重:生後15週目(3.5カ月)・1550㌘
健康状態:風邪
色柄・特徴:白黒ハチワレ・長い尻尾
母猫:不明
きょうだい:エータ、ティータ
移動:平田1丁目→鎌ヶ谷市東初富2丁目→船橋市三咲
名前:シータ→モト
医療費:三木さん負担
病院:ありむらペットクリニック他(市川市)

プロフィール:神社を散歩していた方が段ボール箱に入れられて捨てられていた子猫3匹を発見し、個人ボランティア三木さんに届けました。三木さんは室内で猫を保護することをご家族に許されていませんので裏庭に設置したケージに3匹を入れました。9月末に生後1カ月・350㌘程で保護された3匹のきょうだいでしたが、2カ月間、遊びたい盛りの可愛い子猫の時期に、毛布1枚で覆われたケージ内で太陽を見ることもなく過ごし、風邪の症状も一向によくならないまま生後3カ月・1.5㎏に成長してしまいました。その状況を知人の個人ボランティアIさんに相談したところ、鎌ヶ谷のFさんに繋いで下さり、気の毒に思ったFさんが三木さんからの丸投げを引き受けて下さいました。私に出来たお手伝いは、この子達の状況を拡散し、この子達を手放すよう三木さんを説得し、Fさんのもとに送り届けただけです。Fさん宅での約1週間、たくさんのおもちゃやタワーで遊び、失った2カ月を取り戻そうとしているかのように3匹は元気いっぱい遊んで過ごしました。Fさん宅に到着して間もなく、シータ、エータ、ティータは3匹一緒に、船橋市のご夫婦の新しい家族となりました。無理な保護は後々周りの人々に迷惑をかけることになり得るのだと学んだ一件でした。

 

 

 

K-011:C-ta-02

 

 

 

シータ達きょうだいが2カ月暮らした
三木さん宅裏庭の暗いケージ

K-011:C-ta-03

2014年10月24日保護→11月24日卒業
保護時年齢・体重:生後9週目(2ヶ月)・800㌘
卒業時年齢:生後13週目(3カ月)
健康状態:〇
色柄・特徴:キジトラ・細く長い尻尾
母猫:そうこ(004)
きょうだい:ぽぽ、ナリ
移動:新田4丁目→高谷2丁目→葛飾区西新小岩4丁目
名前:チカちゃん→チカちゃん
医療費:6200円(自費)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:近所で有名な餌やりおばあさん=底なし沼の住人・重田さん宅から道を挟んだ向かいの倉庫に住み着いていたそうこの産んだ3匹のうちの1匹で、母猫とぽぽちゃんに続き、二番目に捕獲器に入りました。すぐに病院で必要な初期医療行為のほとんとをお願いし。夜、預かりを申し出て下さっていた個人ボランティアのIさん宅に移動しました。Iさんに手厚いケアを受けながらちょうど1ヶ月過ごし、葛飾区にお住まいのご夫婦のもとに、きょうだいのナリくんと2匹一緒に旅立って行きました。ナリ&チカは、そっくりの顔立ちのフォトジェニックなきょうだいで、飼い主さんからいただいた画像は、ねこ藩グッズにも利用させていただいています。

 

K-009:Nari-03

 

 

 

冷たい風が吹くと、きょうだいで寄り添い
一か所に固まって母猫の帰りを待ちます

K-010:Chika-02

 

きょうだいのジローくんと。
成長しても顔はそっくりのままで、
いつもピッタリ一緒にいます。

2014年10月24日保護→11月24日卒業
保護時年齢・体重:生後9週目(2ヶ月)・1000㌘
卒業時年齢:生後13週目(3カ月)
健康状態:〇
色柄・特徴:キジトラ・短めのぼわっとした尻尾
母猫:そうこ(004)
きょうだい:ぽぽ、チカ
移動:新田4丁目→高谷2丁目→葛飾区西新小岩4丁目
名前:ナリくん→ジローくん
医療費:6850円(自費)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:近所で有名な餌やりおばあさん=底なし沼の住人・重田さん宅から道を挟んだ向かいの倉庫に住み着いていたそうこの産んだ3匹のうちの1匹で、一番最後に捕獲器に入りました。すぐに病院で必要な初期医療行為のほとんとをお願いし。夜、預かりを申し出て下さっていた個人ボランティアのIさん宅に移動しました。Iさんに手厚いケアを受けながらちょうど1ヶ月過ごし、葛飾区にお住まいのご夫婦のもとに、きょうだいのチカちゃんと2匹一緒に旅立って行きました。ナリ&チカは、そっくりの顔立ちのフォトジェニックなきょうだいで、飼い主さんからいただいた画像は、ねこ藩グッズにも利用させていただいています。

 

K-008:Popo-03

 

屋根のない狭い倉庫敷地の隅には、
刈った草が高く積み上げてあり、
一家はその枯れ草の山に穴を開けて
ねぐらにしていました

 

 

K-009:Nari-02

 

きょうだいのチカちゃんと。
成長しても顔はそっくりのままで、
いつもピッタリ一緒にいます。

2014年10月24日保護→10月25日卒業
保護&卒業時年齢・体重:生後9週目(2ヶ月)・1100㌘
健康状態:〇
色柄・特徴:白キジ・長い尻尾
母猫:そうこ(004)
きょうだい:ナリ、チカ
移動:新田4丁目→新田3丁目→市川南1丁目
名前:ぽぽちゃん→ぽぽちゃん
医療費:10260円(自費)
病院:ありむらペットクリニック(市川市)・ひらたペットクリニック(市川市)

プロフィール:近所で有名な餌やりおばあさん=底なし沼の住人・重田さん宅から道を挟んだ向かいの倉庫に住み着いていたそうこの産んだ3匹のうちの1匹です。野良ですが丸々としていました。捕獲実行当日、真っ先に母猫そうこと一緒に2匹で捕獲器に入り、すぐに病院に預けました。夕方個人ボランティア三木さんがフロントライン(駆虫 )を終えたぽぽちゃんを病院から当方自宅まで届けて下さり、夜、預かりを申し出て下さっていた知人のDさん宅に移動しました。翌日、Dさんより、預かりではなくこのままこの子を飼い猫として迎えたいとの有難い連絡をいただき、ぽぽちゃんは捕獲翌日には飼い猫となりました。おとなしいお姉さん先住猫3匹のいるご家庭で、とんでもなくやんちゃな男の子に育ち幸せに暮らしています。

 

K-008:Popo-03

 

 

3きょうだいの中で、一番母猫そうこに
べったりだったぽぽちゃん

 

 

 

K-008:Popo-02

2014年9月17日保護→9月21日卒業
保護時年齢・生後2カ月強・1.1㎏
健康状態:〇
色柄・特徴:茶トラ・長い尻尾
母猫:こまつ(003)
きょうだい:しろまつ、ひらまつ
移動:新田3丁目→高谷2丁目→船橋市
名前:すえまつ→なぎさ→紅美
初期医療費:5800円 (自費) 病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:こまつが生んだ3匹の子猫の中ではやや小柄に見えましたので末っ子ということにしました。こまつが子猫を連れて庭に居着くようになってから、こまつのTNRと子供達の保護を頭におき、庭に即席ハウスを作って約1週間世話をしました。キャリーで先に捕獲したしろまつに遅れること数分後、おやつを入れた金属ケージにひらまつと一緒にスルスルと入ってくれました。病院で必要な医療行為を済ませ、夜には、預かりを申し出下さった個人ボランティアIさん宅に他の2匹と一緒に届けました。お預けして数日後、ちょうど同時期にIさん宅にいた保護子猫・茶白のちゃーちゃん♂と一緒に、船橋市のご一家がIさん経由ですえまつ(なぎさ)を迎えて下さいました。

 

こまつ子猫3匹ー02

 

捕獲後、医療行為が終わり、
Iさん宅にお届けしました

2014年9月17日保護→10月5日卒業
保護時年齢・生後2カ月強・1.1kg
健康状態:〇
色柄・特徴:茶トラ・長い尻尾
母猫:こまつ(003)
きょうだい:しろまつ、すえまつ
移動:新田3丁目→高谷2丁目→杉並区阿佐ヶ谷
名前:ひらまつ→みさき→ナナ
初期医療費:5800円 (自費)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:こまつが生んだ3匹の子猫の中ではやや臆病な子でした。こまつが子猫を連れて庭に居着くようになってから、こまつのTNRと子供達の保護を頭におき、庭に即席ハウスを作って約1週間世話をしました。キャリーで先に捕獲したしろまつに遅れること数分後、おやつを入れた金属ケージにすえまつと一緒にスルスルと入ってくれました。病院で必要な医療行為を済ませ、夜には、預かりを申し出下さった個人ボランティアIさん宅に他の2匹と一緒に届けました。杉並区の大きなお宅にお住まいのご一家が、Iさん経由でしろまつ(さんご)とひらまつ(みさき)、2匹一緒に迎えて下さいました。

 

 

こまつ子猫3匹-03

 

 

 

小雨が降ってきたので、
勝手口を開けておいたら
中に移動してきたこまつ一家

2014年9月17日保護→10月5日卒業
保護時年齢・体重:生後2カ月強・1.4㎏
健康状態:〇
色柄・特徴:茶トラ・長い尻尾
母猫:こまつ(003)
きょうだい:ひらまつ、すえまつ
移動:新田3丁目→高谷2丁目→杉並区阿佐ヶ谷
名前:しろまつ→さんご→ニア
初期医療費:5800円 (自費)
病院:えどがわ犬猫病院(江戸川区)

プロフィール:こまつが生んだ3匹の子猫の中で一番大きかった男子。こまつのボーイフレンドだった福ちゃん(005)に顔がそっくりです。こまつが子猫を連れて庭に居着くようになってから、こまつのTNRと子供達の保護を頭におき、庭に即席ハウスを作って約1週間世話をしました。おっとりした子でしたので、興味津津でキャリーに入ったところをドアを閉めて朝一番に捕獲。病院で必要な医療行為を済ませ、夜には、預かりを申し出下さった個人ボランティアIさん宅に他の2匹と一緒に届けました。杉並区の大きなお宅にお住まいのご一家が、Iさん経由でしろまつ(さんご)とひらまつ(みさき)、2匹一緒に迎えて下さいました。

 

こまつ子猫3匹ー01

 

庭の室外機の上で昼寝をする
こまつ一家

2014年6月19日保護→7月12日卒業
保護時年齢:生後11週目(2.5ヶ月)
卒業時年齢:生後14週目(3.5ヶ月)
健康状態:〇
色柄・特徴:白キジ・長い尻尾
義母猫:くりこ(002)
きょうだい:不明
移動:新田3丁目→習志野市鷺沼2丁目
名前:ころちゃん→むぎちゃん
医療費:4492円(自費)
病院:おおさき動物病院(船橋市)・えどがわ犬猫病院(江戸川区)

お腹の大きなくりこが連れて歩いていた子。くりこの再妊娠のタイミングから判断してくりこの産んだ子ではないので、本当の母猫が亡くなったかはぐれたかしてひとりになってしまったところ、くりこと出会ったのだと思います。くりこは丸々としたころちゃんをとても可愛がって大切に育てていました。梅雨の時期、いつも近所で二人寄り添って雨宿りしていたので、保護&不妊手術することを前提に、当庭にハウスを作りご飯をあげました。室内に保護した最初の数日間は、くりこと離れてしまった恐怖と淋しさからか大絶叫が続きましたが、保護翌週になると徐々に慣れてきてゴロゴロ言うようになりました。この2匹の件で市内で個人ボランティアをしているIさんが声をかけて下さり、動物病院の紹介、里親会へのお誘いとすっかりお世話になりました。現在は習志野市にお住まいのご一家に大切にされて暮らしています。

 

くりころ1

 

 

 

梅雨の時期、とりあえず軒下に用意した
段ボールで休息するくりこところちゃん

K-004:coro-02

2013年7月27日保護→8月6日再保護→9月6日卒業
保護時年齢・体重:生後5週目(1ヶ月)・250㌘
卒業時年齢・体重:生後9週目(2ヶ月)・1065㌘
健康状態:結膜炎で右瞼癒着の独眼竜状態
色柄・特徴:キジトラ・カギしっぽ
母猫:キジ子(001)
きょうだい:もぐ、とと
移動:新田4丁目→新田3丁目→南大野1丁目
名前:まさむね→まさむね
医療費:27430円(自費)
病院:ありむらペットクリニック(市川市)・ひらたペットクリニック(市川市)

キジ子が初産で産んだ3匹のうちの1匹です。ご近所の方が庭の物置にいた3匹を発見しバケツに入れたまま困っていましたので、貰い手を探して下さることを条件に、当方で預かり飼養することにしました。元気な他の2匹とは対照的にまさむねだけが酷い風邪をひいており、結膜炎で右瞼が癒着し閉じていました。点眼して顔を拭いてやっていた時、風通しの為に少しだけ開けていた玄関のドアから母猫キジ子が侵入し、ケージ内のまさむねを咥えて逃げてしまいました。あの状態では生きていないかもしれないと諦めの気持ちでいましたが、1週間後に再保護できました。インターフェロンの注射も経験しましたが、とにかく活発で暴れん坊で、いったいこの子を貰って下さる方はいるんだろうかと心配していましたが、友人の同業者で市内にお住まいの先住猫のいるご一家が、まさむねを3番目の子として迎えて下さいました。ねこ藩ロゴとキャラクターはこのまさむねがモデルです。 保護した方からはその後何の連絡もなく、労力面・経済面全てこちらに丸投げでした。この経験が「外で生きる飼い主のいない猫」について考えるきっかけとなりました。

 

K-003:Masamune-03

MASAMUNE

2013年7月27日保護→8月24日卒業
保護時年齢・体重:生後5週目(1ヶ月)・290㌘
卒業時年齢・体重:生後9週目(2ヶ月)・747㌘
健康状態:〇
色柄・特徴:キジトラ・長い尻尾
母猫:キジ子(001)
きょうだい:もぐ、まさむね
移動:新田4丁目→新田3丁目→東村山市多摩湖町
名前:ととちゃん→ととちゃん
医療費:9715円(自費)
病院:ありむらペットクリニック(市川市)・ひらたペットクリニック(市川市)

キジ子が初産で産んだ3匹のうちの1匹です。ご近所の方が庭の物置にいた3匹を発見しバケツに入れたまま困っていましたので、貰い手を探して下さることを条件に、当方で預かり飼養することにしました。離乳が済んでいるはずの子達なのに、なぜかととちゃんは哺乳瓶からミルクを飲むのが好きでした。また、一番の甘えん坊さんで保護当日から人の膝の上に載って来てゴロゴロとリラックスしていました。当宅で24日間過ごし、きょうだいのもぐちゃんと一緒に、知人の同僚で東村山市在住のご一家に貰われていきました。今では精悍な顔つきの大きな男子です。 保護した方からはその後何の連絡もなく、労力面・経済面全てこちらに丸投げでした。この経験が「外で生きる飼い主のいない猫」について考えるきっかけとなりました。

 

 

 

K-002:Toto-03

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2013年7月27日保護→8月24日卒業
保護時年齢・体重:生後5週目(1ヶ月)・420㌘
卒業時年齢・体重:生後9週目(2ヶ月)・855㌘
健康状態:〇
色柄・特徴:白キジ・長い尻尾
母猫:キジ子(001)
きょうだい:とと、まさむね
移動:新田4丁目→新田3丁目→東村山市多摩湖町
名前:もぐちゃん→もぐちゃん
医療費:9715円(自費)
病院:ありむらペットクリニック(市川市)・ひらたペットクリニック(市川市)

キジ子が初産で産んだ3匹のうちの1匹で、保護時一番大きかった子です。ご近所の方が庭の物置にいた3匹を発見しバケツに入れたまま困っていましたので、貰い手を探して下さることを条件に、当方で預かり飼養することにしました。もぐちゃんは保護時、他の2匹よりも大きく、少しだけ威嚇がありました。クラシックタビー(アメショの柄)がとてもきれいに出ていて、フォトジェニックな子でした。当宅で24日間過ごし、きょうだいのととちゃんと一緒に、知人の同僚で東村山市在住のご一家に貰われていきました。今では重量級のお姉さん猫です。 保護した方からはその後何の連絡もなく、労力面・経済面全てこちらに丸投げでした。この経験が「外で生きる飼い主のいない猫」について考えるきっかけとなりました。

 

 

 

K-001:Mogu-03

OLYMPUS DIGITAL CAMERA